上野くろもんクリニック

上野くろもんクリニック

電話アイコン

乳がん検診設備について

Medical Menu

乳がん検診設備についてMedical Menu

マンモグラフィー

マンモグラフィー

乳房専用のX線撮影のことをマンモグラフィーといい、乳がんを見つけるためにきわめて有用な画像診断法です。マンモグラフィーは乳がんをはじめ、乳房にできるいろいろな病変を映し出すことができます。

特に微細な石灰化(約0.1mm~0.2mmの大きさのもの)の形や数を鮮明に描出できるのが大きな特徴です。石灰化はしこりとして触れることのできない早期乳がんにできる場合があり、マンモグラフィーでこれを見つけることで乳がんの早期発見につながります。またマンモグラフィーは乳房の全体像を1枚のフィルムに映し出すので、左右を比較して観察することができます。過去のフィルムと比較することができるので、組織の微妙な変化をとらえることもできます。

マンモグラフィーは、乳房を片方ずつ10秒間ほど挟んで撮影します。病変を見つけやすくするために乳房はできるだけ薄くのばします。少し強めに乳房を圧迫します。

当院のマンモグラフィー撮影装置は、圧迫板に軟らかいプラスチックの素材が使用されているため痛みは軽減され、患者様にやさしい構造になっています。圧迫時の痛みには個人差がありますが、マンモグラフィーの技術認定を受けている女性技師が様子をうかがいながらゆっくりと挟んでいきますので安心して検査を受けてください。

乳腺エコー

乳腺エコー

当院では触診と超音波(エコー)検査による乳がん検査を行っております。代表的な乳がん検診にはエックス線検査(マンモグラフィー)と超音波検査(エコー)があります。

超音波検査によるメリットは以下になります。

乳腺で見落とさない

超音波検査では乳腺に影響されずガンを発見することができます。エックス線検査では乳腺に隠れてガンを見落とすことがあります。乳腺が豊富な20、30、40歳代の方は特に超音波検査が有効です。また、日本人は乳房の脂肪が少ないので超音波検査が向いているという意見もあります。

被ばくしない

若年の方や妊娠中の方には放射線被ばくをしない超音波検査が向いています。

乳房が圧迫されない

超音波検査では、胸にゼリー状の液体をぬり、器具を乳房にあてて滑らせながら音波を測っていきます。エックス線検査の圧迫による痛みはありません。

自己検診の方法

乳がんの自己検診のご紹介です。あおむけになって、手のひら全体を使って軽く押すように、乳房全体をなでてみます。触れてみてしこりがあれば、ご相談ください。

乳腺科メニューMedical Menu