上野くろもんクリニック

上野くろもんクリニック

電話アイコン

乳がんエコー検診

Medical Menu

乳がんエコー検診Medical Menu

乳がんエコー検診

超音波検査では、胸にゼリー状の液体をぬり、器具を乳房にあてて滑らせながら音波を測っていきます。エックス線検査の圧迫による痛みはありません。マンモグラフィーと比べ、X線を使用しませんので、放射線被ばくの心配はありません。一般的には、脂肪が少なく、乳腺組織が密な傾向にある30歳未満の方に適した検査と考えられています。より精度の高い検診のためにマンモグラフィーとの併用をお勧めします。

どんな検査?

乳房の内部の断面を映し出す検査です。ゼリーを塗った乳房に超音波を発する機器を当てて、動かしながら画像をチェックします。乳腺密度の高い若い人の小さなしこりを見つけやすいという利点があります。若年の方や妊娠中の方には放射線被ばくをしない超音波検査が向いています。

どんなことが分かるの?

手に触れない小さなしこりを発見することができます。しこりの性質に関してもある程度分かります。しこりの性格を詳しく調べるためには細胞診検査や組織診検査をする必要があります。その時には、超音波で針の方向を見ながら組織を採取します。

超音波検査だけで大丈夫?

早期の乳がんのサインである石灰化を見つけることが困難です。乳がんの危険年齢である30歳代~40歳代の人は、マンモグラフィ検査を併用したより確実な検診をお勧めします。

自己検診の方法

あおむけになって、手のひら全体を使って軽く押すように、乳房全体をなでてみます。
触れてみてしこりがあれば、ご相談ください。

乳腺科メニューMedical Menu