上野くろもんクリニック

上野くろもんクリニック

電話アイコン

乳がんマンモグラフィー検診

Medical Menu

乳がんマンモグラフィー検診Medical Menu

マンモグラフィー

マンモグラフィーとは乳房専用のX線撮影のことです。乳房はやわらかい組織でできているため、検査には専用のX線撮影装置を使用します。
乳がんをはじめ、乳房にできる病気を見つけることができます。マンモグラフィーの優れた所は、乳がんの初期症状の1つ、石灰化を写し出すことができるため、『しこり』として触れないような、ごく早期の乳がんも発見することが可能です。マンモグラフィーは過去のフィルムやデータと比較することが容易であるため、定期的な検診にも適しています。

どんな検査?

乳房専用のX線装置で乳房を圧迫して撮影します。早期の乳がんを発見するために大変有効な画像検査のひとつです。乳房を圧迫板というアクリルの板とフィルムの入った板の間にはさんで、乳房を薄く平らに圧迫して撮影します。

圧迫する理由
  • 乳腺や脂肪や血管などが重なり合い病変が見逃されるのを防ぐため
  • より少ない放射線量で撮影するため一般的には片方の乳房につき2方向(上下、左右)を撮影します。

撮影時間は、10分程度です。

どんなことが分かるの?

乳房の内部全体の様子が1枚の写真で分かり、手に触れない1cm以下の小さなしこりまでも見つけることができます。
非常に早期の乳がんのサインである石灰化を発見できます。つまり、しこりになる前の石灰化の段階の超早期の乳がんが発見できるのです。この時点で乳がんを発見し適切な治療を行えば、ほぼ100%の治癒が期待できます。

撮影のペースは?

1年に1回のペースで十分です。

マンモグラフィ検査だけで大丈夫?

乳腺が発達した若い人の乳房では全体が白っぽく映るので、しこりが発見しにくくなります。
乳がんの危険年齢である30歳代~40歳代の人は、超音波検査を併用したより確実な検診をお勧めします。

乳腺科メニューMedical Menu